クレジットカードの利用実績によって限度額がアップ

最初に作成するクレジットカードは、限度額が比較的低めに設定されている場合が多いものです。

特に年会費が無料で、審査も特段厳しくないクレジットカードでは当初の利用限度額が30万円から50万円ほどと決められているケースが多く、物足りなさを感じることもあるでしょう。



通常の生活においては30万円程度の限度額でも問題ないとも考えられますが、突発的に支出が多くなったり海外旅行で使用したりと、意外と限度額が低いと不便に感じることもあります。

そのために限度額を引き上げていくことが重要となります。最も簡単で確実な方法は、クレジットカードを使ってしっかり利用金額を支払っていくということです。



クレジットヒストリーと呼ばれる利用実績を積み上げていくことによって、個人の信用性が高まっていくために、限度額が徐々に引き上げられていくことになります。



特に自分から申請しなくても引き上げられるというケースも多いのですが、ある程度の利用期間を経た上で発行会社に連絡すると定められた枠の中で引き上げてもらうということも可能です。
もちろんクレジットカードの限度額は多ければ多いほど良いというわけでもありません。
万が一使いすぎてしまった場合などのリスクを考え、不足がなく多すぎることのない限度額を考えて申請することが重要です。

自分にとってどのようなカードが合っており、ライフスタイルに最も相応しいのか、クレジットカードを比較できるサイトを閲覧してじっくりと検討しましょう。