クレジットカードはセキュリティが大事

クレジットカードは大変便利です。

現金を持ち歩かなくても買い物が出来て、食事の支払いも行えます。



インターネットでの通信販売もカードで支払うことが可能な時代です。


便利な反面、なり済まして悪用されることも考えられます。
クレジットカードを落としたり盗難の被害にあうと、勝手に使われてしまう恐れがあります。ではセキュリティ対策はどのようになっているでしょうか。


まずはカードを発行した際は、裏面の署名をかならずサインすることが大事です。
このサインを忘れると悪用された際の補償がきかなくなります。
インタ^ネットでの通信販売を利用する際はセキュリティコードを利用します。かつては不正読取り詐欺が横行し、クレジットカードのデータを読み取り、不正に使用するという詐欺が多発しました。
この対策としてセキュリティコードはカードの裏面に記載された3ケタの番号です。スキミングされてもこの番号は読み取れません。



カードを持っている本人しかわからないのでネット通販などで入力を求められて、本人以外が使うことを防ぐことができます。また、カードを公開することは大変危険です。ネット上にカードの写真が載り不正に使われた事例もあります。
電子マネーをチャージする際にも、セキュリティコードの入力を求められます。

これは本人確認を実施し、不正利用を防ぐ仕組みです。



クレジットカードは街中や家庭での様々なシーンで使われます。
セキュリティについて良く知り安全に使いましょう。