クレジットカードが読み取れない理由とは

クレジットカードを使用していると、いざ利用しようとした時に読み取りをすることが出来なくなってしまう事があります。
その理由として考えられるのが、磁気不良です。



磁気不良の原因としては、スマートフォンや家電製品などの強い磁気を発するものと一緒に保管していたことや皮脂などの汚れ、強い衝撃を受けたことでICチップが破損しているなどが挙げられます。

原因によっては、クレジットカードを新しいものに交換する手続きが必要となりますが、簡単に復活させることが出来る場合もありますので、試してみても良いかもしれません。

まず、ICチップが皮脂などの汚れにより読み取ることが出来ない状態にあるという場合には、柔らかい布で優しく拭き汚れを取り除くことで利用することが出来る様になる可能性があります。さらに、セロハンテープを使用するという方法もあります。

やり方は簡単で、ICチップの上にセロハンテープを貼り付けるだけです。

こうすることで、情報を読み取る際のノイズを減らすことが出来ると言われています。



ICチップが破損しているかどうかは見た目では分からないことも多いため、気が付きにくいものですが、復活しないという場合には、カード会社に連絡をするようにしましょう。
なお、クレジットカードの再発行をカード会社に依頼した場合には、手元に新しいカードが届くまで時間がかかることがありますし、手数料が発生する場合もありますので、注意をしましょう。