賃貸物件の契約に似ているクレジットカードの登録

クレジットカードを作りたい人の中で、年収が高い方は一切審査に関して不安要素が無いように思いがちですが、実は単に高収入なだけの場合は疑われてしまう恐れもあります。

仕事と収入が見合っていないと判断されてしまうと、業者が行っているチェックの対象者となってしまうので、所持できるようになるまで時間がかかる恐れがあるのです。

もちろん、年収が低い場合はクレジットカードが作れないこともあり、断られてしまったら潔く諦めて自分の収入に合っている会社を見つけて選ぶようにしてください。



こうした点からクレジットカードの審査というのは、賃貸物件を借りる時に似ているとも言えます。

つまり、フリーターの方やお仕事をしていない方の場合は申請が却下されてしまう恐れがあるのです。
一方、知名度が高い会社名の場合は簡単に申請が通過する傾向にあります。



このような実情であることから、時折在籍していないのにも関わらず、実在する大手企業の社名を記入する方が居ますが、チェックの段階で電話がかかってくる行程があるのですぐに嘘だと判明してしまいます。


また、現時点で借金がある時はクレジットカードを持つことは特に厳しくなります。

カード会社と借金をしている組織は関係性が無いので、知られる恐れが無いと考える方も多いのですが、機関に情報が集約されているのでカード会社が知るのは時間の問題です。

こういった事からわかるように、クレジットカードを作りたい時は嘘偽り無く入力していかなければなりません。