クレジットカードにおけるキャッシング機能 

クレジットカードの機能はショッピングだけではなく、キャッシングもできるようになっています。
そのキャッシングの機能に関しては、消費者金融のカードローンとほとんど変わりません。

それは、カード会社も消費者金融と同じ「貸金業者」であるため、貸金業法という法律によって管轄されているからです。

従って、借入方法はカードローン同様、ATMからの出金か、インターネットからの申込による自分の銀行口座への振込キャッシングになります。
金利もカードローンと同じく、借入額が100万円未満の場合は18%です。



ちなみに、貸金業法の総量規制によって、消費者金融やカード会社からの借入総額が年収の3分の1を超えることはできません。

なお、クレジットカードでキャッシングの利用を希望する場合はショッピング同様、利用金額の上限枠が設けられ、上限枠を超えて借り入れることはできません。また、キャッシング枠はショッピング枠の中に設定されるため、必ずキャッシング枠分の借入ができるとは限りません。



例えば、ショッピング枠が80万円で、キャッシング枠が30万円だったとします。

仮に、ショッピングで利用した金額が40万円であれば、30万円のキャッシングをすることはできますが、ショッピングで60万円を利用していると、キャッシングは20万円しかできません。


ところで、同じクレジットカードであっても、ショッピングとキャッシングは管轄する法律が異なります。
キャッシングは貸金業法ですが、ショッピングは割賦販売法です。



従って、法律が違うため、ショッピングの利用金額は年収の3分の1という借入制限の対象にはなりません。