クレジットカードの使いすぎを防ぐ

クレジットカードは自分の収入の範囲内で使わなければなりません。
お金があまりないのに大きな買い物ばかりすれば、どこからかお金を調達することになります。



計画的にクレジットカードを使うには、浪費癖がある人は利用限度額を引き下げるのが効果的です。
利用限度額は審査の時にクレジットカード会社が年収に応じて決めていますが、引き下げることは申し出るだけなので簡単です。

少しでも引き下げることで、今までのように使うことができないと意識するようになります。

お金の管理が下手でも、利用限度額を超えては使えないので、無意識に散財することもありません。


利用限度額を引き上げるのは手続きが必要で時間がかかるので、どうしても大きな買い物の予定がある場合は引き下げる前に済ませます。
またクレジットカードは1枚だけ持つようにします。

何枚も持っていると利用明細書も複数枚になるため、利用状況を整理するのが大変です。
明細書をないがしろにするとどのくらいのお金が出て行くのが分からないので、自由に使えるお金は十分にあると勘違いしやすいです。

それぞれのカードの利用状況は控えめでも、何枚も積み重ねると大きな金額になります。



リボ払いは計画的に使えば便利な返済方法ですが、お金の管理が甘い人にとっては借金を増やすことと同じです。



リボ払いでないと利用できないような経済状況ならば、クレジットカードの利用を諦めて貯金をしてから再度利用を検討します。